高いビル 

通さない性質

2つのマンション

子供や孫にも残せる資産としては、土地や建物などの不動産を挙げることが可能である。
特に建物をRC構造にすることで、最大で100年以上住むことができるマイホームを実現できるであろう。
そのような住まいであれば、定期的に必要なメンテナンスを行うことで、購入者だけではなくて子や孫の世代も永住することが可能である。
また長期間安心して暮らせるマイホームを新築するためには、RC構造の建物の施工実績の多い信頼できる業者を選ぶのがポイントである。
特に都市部や郊外のように様々なエリアで施工を手掛ける業者であれば、敷地面積に合わせた建築プランを提案できるであろう。
したがって狭小地であっても、鉄筋コンクリート構造のメリットを最大限に生かすことも可能である。

鉄筋コンクリート構造の住宅は、木造建築と比べると5割程度建築費用が割高になるのが一般的である。
しかし維持管理をしっかりと行うことで木造建築よりも2倍以上長持ちさせることができるので、コストパフォーマンスの良さが魅力的であろう。
したがって長期的視野に立ってマイホームを新築する場合には、鉄筋コンクリート構造の住宅はとても魅力的である。
また最近では断熱性にも優れた住宅が登場しているので、長期間安心して暮らせるだけではなくて、光熱費も節約できるであろう。
しかも地震にも強いので、生命と財産も守れるという点もセールスポイントである。
したがって建築費用だけではなくて、ランニングコストの安さや金銭的に表現できない価値の高さも特徴的である。